• トップ /
  • 女の子を妊娠するために

女の子を妊娠したい

女の子を妊娠するために

通院で女の子を妊娠する方法

赤ちゃんを希望している方の中には、どうしても女の子を妊娠したいという方が多いようです。1人目から希望している方もいるのですが、2人目以降になるともっとその思いは切実になります。自己流で産み分けするのに自信がない場合は、産み分けを扱っているクリニックに通院したほうが確率が上がるでしょう。通院で女の子を妊娠するには、タイミング法とパーコール法という方法があります。特にパーコールはXとY精子を分離して受精させる方式で、タイミング法より成功率が高いと言われます。完璧に分離できるわけではないのですが、タイミング法が60%くらいに対し、パーコールは70~80%の成功率と言われています。

女児の親は色々と忙しい?

昨今の妊娠妊活事情において、男の子を希望する人と女の子を希望する人では、どちらが多いのでしょうか。やはり圧倒的に人気なのは女児です。近年では女児人気は変わらない傾向にありますが、実はそうでもないという事情も増えつつあります。最近の子育て世帯の若い夫婦では、ほとんどの家庭が共働きになっています。そうなると、妊娠しても働くことは続ける女性が多く、出産後の育児は、祖父母の助けを借りている夫婦が多いのです。祖父母を頼る場合、必然的に頼りやすい嫁側に協力してもらうことが多いので、、娘を産んだ親は、老後も孫の世話に追われるという事態に陥ることを危惧して、手離れする男児の方がいいと考える人も増えつつあるのです。

↑PAGE TOP