妊娠に関する基礎知識

女の子を妊娠する方法

女の子を妊娠するための方法

どうしても女の子が欲しいという場合に、産み分けをして妊娠する方法があります。産み分けるには、排卵予測日の2日前がチャレンジする日で、体位は膣内の酸でY精子をできるだけ減らすために、挿入が浅くなる体位を選ぶことが大切です。排卵予測日2日前の予測が難しい場合には、排卵検査薬や基礎体温などをつけて予測するとよいでしょう。女の子の場合は、最低限の妊娠できる環境を作ることが大切で、排卵日2日前のチャレンジが終了した後には、高温期3日目以降位までは禁欲することが大切です。ただ、男の子に比べると失敗しやすいので注意が必要です。

リラックスして過ごすのが大事

妊娠してまだ赤ちゃんの性別が分からない段階の頃は、誰しもが「どっちかな?」とわくわくすることでしょう。実はどちらを妊娠したのかが分かる傾向のようなものが昔から知られています。お腹の膨らみ具合が前にせり出したり、つわり中にジャンクフードが食べたくなるようなら男の子、丸いを帯びるようにお腹が膨らみ、甘い物を欲するようなら女の子など様々です。もちろん医学的根拠はありませんが、こうやって「どっちかな?」と想像して楽しむというのも妊婦生活を楽しく過ごすためのコツの1つです。安定期以降には性別が分かる場合が多いので、それまではリラックスして過ごすようにしましょう。

↑PAGE TOP