• トップ

妊娠が判明したら

妊娠中の性別判断の時期

妊娠してから知りたいこと

妊娠すると、新しい命に会えるまでドキドキしますよね。不安と喜びで妊婦さんは精神状態が不安定になることがあります。でも、そんな不安も妊娠中期に入ると喜びがどんどん増えていきます。その一つが性別判断です。生まれてくるまでは、どちらが生まれるのはわかりませんが、現代では技術も進んでいるのでエコーで見ると、男の子か女の子かわかります。女の子は木の葉のように見え、男の子は少しわかりにくいですがふくらみが見えるので目安になるでしょう。しかし、エコーで知ることはできますが、絶対に当たっているという保証はないので、あくまでも目安として、赤ちゃんと対面するまでのお楽しみとしましょう。

産み分けは果たして可能か

赤ちゃんができると、それは性別を問わず愛しく大切に感じるものですが、やはり妊娠前には誰しも性別の希望というものがあるものですね。1人目はどちらでもよくても、2人目以降は性別の希望が強くなってきます。近年では女の子が欲しい方が多く、産み分け希望の方の8割以上が女児希望という状態のようですね。女児妊娠のためには、X精子を受精させる必要があります。XはY精子より寿命が長く酸性に強い特徴があるので、排卵日の3日ほど前にタイミングをとる、女性の体内を酸性に近づけるピンクゼリーを使うなどの方法が一般的です。自己流ではなかなか難しいので、病院に産み分け相談に行ってみるのもおすすめです。

新着情報

↑PAGE TOP